猫と健康

猫に与えると中毒症状を起こす危険な食べ物とは?

野良猫に餌をあげる女性


悩んでる人

飼い猫が私の食べ物を
ほしがっているときがある。

でもあげると危険な食べ物が
あるみたいだからどんな
食べ物が危険かを知りたい。


こういった疑問に答えます。


結論からいうと、以下の通り

野菜

・ネギ類(ユリ根、玉ねぎなど)
・アボカド
・唐辛子


フルーツ

・ブドウ
・レーズン
・リンゴ
・ウメ
・モモ
・イチジク
・ナッツ類


飲み物

・緑茶、紅茶、コーヒー
・アルコール類


加工品

・チョコレート(ココア)
・キシリトール


海鮮(生)

・エビ
・イカ
・カニ
・貝類
・タコ


その他

・生のパン生地
・生卵


人が食べている物に関しては、与えないほうが安全です。


特に調理した食べ物にはいろんな成分が含まれているので注意が必要。


本記事では、中毒症状を引き起こす危険がある食べ物についてさらに詳しく解説していきます!


野菜類

半分にカットされた玉ねぎ

ネギ類(ユリ根、玉ねぎなど)


チオ硫酸化合物などが多く含まれていて、猫が食べると玉ねぎ中毒を引き起こします。

ネギ類にはユリ根、玉ねぎ、長ネギ、ニラなどがあります。

タマネギ中毒の症状
・嘔吐
・下痢
・食欲低下
・呼吸困難

血色素尿(尿が赤い、茶色い)

食べてから症状がでるまで半日ほどかかります。

『食べても平気そう。』ではなく、食べてしまうと時間差で症状がでるので、すぐ動物病院に連れていきましょう。

アボカド

半分にカットされたアボカド


ペルシンという成分に毒素が含まれていて、猫が食べると中毒症状を引き起こします。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・痙攣
・呼吸困難

観葉植物にもアボカドがあるので注意が必要です。

唐辛子

香辛料のびん


唐辛子のような刺激物を食べてしまうと、内臓にダメージを負う可能性があります。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・食欲低下

猫が好んで食べる。ということは少ないですが、調理したモノを与えると食べてしまう可能性があるので注意が必要です。

フルーツ

カゴの中にフルーツがたくさん入っている

ブドウ(レーズン)


生モノ、加工品でも食べてしまうと腎不全を引き起こす可能性があります。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・食欲低下
・尿量低下

いまだに詳しい原因はわかっていないみたいですが、死亡したケースもあるので注意が必要です。

リンゴ(ウメ、モモ)

ぶら下がっているりんご


タネにシアン化合物が含まれていて、猫にとっては毒性があります。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・めまい
・酸素不足

他にもタネが体の中の腸に詰まって腸閉塞を起こす可能性もあるので注意が必要です。

イチジク

半分にカットされたイチジク


フィカシンという酵素が含まれていて、猫が摂取すると口内の粘膜を傷つけることがあります。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・皮膚炎
・口内炎症

触れるだけでも中毒症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ナッツ類

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・痙攣
・呼吸困難


ナッツを食べてしまうと、詰まって腸閉塞を起こす可能性もあります。


また脂肪やミネラルも多く含まれているため、肥満、尿管結石の原因にもなります。


飲み物

透明のコップにお茶

緑茶、紅茶、コーヒー


緑茶、コーヒーに含まれるカフェインによって中毒症状を引き起こします。

カフェイン中毒
・嘔吐
・下痢
・興奮
・失禁
・痙攣
・呼吸困難

特に玉露の緑茶はコーヒーよりカフェインの量が多いので注意が必要です。

アルコール類

酒がたくさん並んでいる棚


猫はアルコールを分解する機能がないので、少量でも摂取してしまうと中毒症状を起こします。


アルコール中毒
・嘔吐
・下痢
・窒息(嘔吐物が詰まる)
・意識低下
・昏睡状態
・心肺機能低下

特に家でお酒を飲んでる方は飼い猫が誤って摂取しないように注意しましょう。

加工品

チョコレート

チョコレート(ココア)


カフェインやテオブロミンに含まれる成分が中毒症状を引き起こします。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・興奮
・失禁
・痙攣
・呼吸困難

死亡するケースもあるので、目に見えるところにチョコレート(ココア)を置かないように注意しましょう。

キシリトール


ガムに含まれているキシリトール(甘味料)などによって中毒症状を引き起こします。


中毒症状
・嘔吐
・発作
・痙攣
・昏睡状態
・出血が止まらない


摂取量によっては急性心不全で死亡するケースもあるので注意が必要です。

海鮮類

海で泳いでいるイカ

エビ、イカ、タコ、カニ、貝類(生)


チアミナーゼという酵素が含まれていて、猫が摂取するとビタミンB1が不足してしまいます。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・痙攣
・皮膚炎
・食欲低下

ビタミンB1が不足すると、痺れて腰を抜かしたり、最悪の場合歩けなくなる可能性もあるので注意が必要です。

主食

生のパン生地

生のパン生地


イースト(微生物)を摂取すると、お腹の中にガスが発生したり、アルコールを作り出して中毒症状を引き起こします。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・窒息(嘔吐物が詰まる)
・意識低下
・昏睡状態
・心肺機能低下

パンには炭水化物が多く含まれているため、肥満や糖尿病の原因にもなるので注意が必要です。

生卵

転がっている卵


生卵にはサルモネラ菌や大腸菌などの病原菌が含まれている可能性があります。

中毒症状
・嘔吐
・下痢
・発熱
・疲労感
・皮膚トラブル
・脂肪の代謝障害

与えすぎると糖尿病、尿路結石、心臓疾患の原因になるので注意が必要です。


以上、参考になれば幸いです。

合わせてチェック
上から覗いている猫
絶対にやってはいけない猫の飼い方

続きを見る

-猫と健康